■テクロック レバーテスト 測定範囲0~0.80MM〔品番:LT-310〕[TR-1029398]-その他

■テクロック レバーテスト 測定範囲0~0.80MM〔品番:LT-310〕[TR-1029398]-その他

■テクロック レバーテスト 測定範囲0~0.80MM〔品番:LT-310〕[TR-1029398]-その他

【送料無料】 ベンチが収納できる 省スペースエクステンションダイニング flein フラン ダイニングテーブル W135-170 テーブル単品 テーブルのみ 伸縮 伸長 収納 天然木 食卓 リビング キッチン シンプル デザイン インテリア おしゃれ 家具 通販 【送料無料】 ベンチが収納できる 省スペースエクステンションダイニング flein フラン ダイニングテーブル W135-170 テーブル単品 テーブルのみ 伸縮 伸長 収納 天然木 食卓 リビング キッチン シンプル デザイン インテリア おしゃれ 家具 通販

イメージ
【送料無料】 天然木 ウォールナット材 伸縮式 オーバル デザイン ダイニング EUCLASE ユークレース ダイニングテーブル W160-210 ※テーブルのみ テーブル単品 伸長 食卓 リビング キッチン シンプル デザイン インテリア おしゃれ 家具 通販



(株)テクロック レバーテスト 測定範囲0~0.80MM〔品番:LT-310〕
特長

●測定子・指針が非磁性体のため、磁気の影響を受けません。
●測定子は200°円弧の角度にセットできます。

用途

●外側、内側、溝中、芯出しなどの各種測定に。

仕様●メーカーコード:-
●測定範囲(mm):0~0.80
●最小表示(mm):0.010
●目盛仕様:0-40-0
●取付軸径(mm):6
●測定力(N):0.4以下
●文字盤径(mm):28.4
仕様2
材質/仕上
セット内容/付属品
注意
原産国(名称)日本
JANコード4560120873039
コロンコード4066415000
コロン名称テクロック ダイヤル
本体質量50G


特許取得済

金属印刷用インライン・
オフライン品質検査装置 Metal-vision
金属印刷専用に調整された照明装置、検査アルゴリズム(プログラム)制御方式
GUCCI(グッチ) メガネ GG0183O ダークブラウン×ライトブラウン プラスチック【中古】GUCCI(グッチ) メガネ GG0183O ダークブラウン×ライトブラウン プラスチック【中古】
丁合機・折機・カバーフィーダー用乱丁・
異種混入検査装置 Super-vision
印刷製品が正しい組み合わせで出荷されるよう監視する異種混入防止検査装置
>>製品一覧へ

■テクロック レバーテスト 測定範囲0~0.80MM〔品番:LT-310〕[TR-1029398]-その他

【送料無料】 ※テーブルのみ 三段階伸縮式 ダイニング DenuX ディナックス ダイニングテーブル W120-180 テーブル単品 伸長 伸縮 収納付き 天然木 木目 食卓 リビング キッチン シンプル デザイン インテリア おしゃれ 家具 通販
イメージ私たちは、お客様へ提供させていただく製品が本当に役に立つものであるためには、その製品が使われるお客様の市場をよく知り、学び、本当に求められているものが何か?ということを絶えず追い続ける事だと考えています。
日本の祭り大図鑑 みたい!しりたい!しらべたい! 4巻セット[本/雑誌] / 松尾恒一/監修・著
私たちの検査技術によって製造メーカー様が、永年の努力の蓄積により実現した高い品質への追及を損なうことなくさらなる競争力をつけ発展して頂けることが私たちの存在意義と考えております。 【送料無料】 ガラス 木 異素材 MIX モダンデザイン ダイニング Wiegel ヴィーゲル ダイニングテーブル W115 ※テーブルのみ テーブル単品 115cm幅 食卓 リビング キッチン シンプル デザイン インテリア おしゃれ 家具 通販

■テクロック レバーテスト 測定範囲0~0.80MM〔品番:LT-310〕[TR-1029398]-その他

ジクスの開発コンセプト・・・品質検査装置が「収益を改善する装置」であること
Allen & Heath XONE:23 【送料無料】天然木 無垢材 ワイドサイズ 座卓テーブル Amisk アミスク オーク W150天然木 無垢材 ワイドサイズ 座卓テーブル Amisk アミスク オーク W150
SalvatoreFerragamo(サルバトーレフェラガモ) サングラス SF654SA ダークブラウン×ゴールド プラスチック【中古】

■テクロック レバーテスト 測定範囲0~0.80MM〔品番:LT-310〕[TR-1029398]-その他

ジクス製品の技術について
ご説明致します

ページトップへ